研究業績: Research fund

獲得研究資金 (Research fund)

全て共同研究およびご支援頂いている皆様のおかげです。

科学研究費補助金 (KAKEN)

  • 2016年度~2019年度,基盤研究(B),分担,生産環境・流通環境の影響を考慮した果実品質向上のための包括的品質評価モデルの構築.
  • 2014年度~2015年度,挑戦的萌芽研究,代表,国内淡水魚の遺伝子かく乱予測モデルの開発―共存関係に基づくリスク評価.
  • 2014年度~2016年度,基盤研究(A),分担,国内および東アジアからの淡水魚の移入による影響実態と在来遺伝子資源の保全及び復元.
  • 2013年度~2015年度,若手研究(A),代表,バイオテレメトリーと計算知能を駆使した魚類生息環境の高精度モデリング.
  • 2011年度~2015年度,基盤研究(B),分担,陸海域を統合した流域圏水環境解析モデルの開発と流域統合管理への適用に関する研究.
  • 2009年度~2011年度,若手研究(B),代表,時空間変動を考慮した魚類の生息環境評価システムに関する基礎研究.
  • 2007年度~2008年度,若手研究(スタートアップ),代表,ハイブリッド型人工知能技術を援用した魚類の生息場選好性モデルの開発.
  • 2007年度~2010年度,基盤研究(B),分担,アジアモンスーン地域の都市化が進む農業流域における流域水環境統合管理モデルの開発.
  • 2006年度~2009年度,基盤研究(C),分担,ベトナム紅河デルタ農村の地下水ヒ素汚染に対する大量化学肥料投与の影響評価.

日本学術振興会への採択状況(科学研究費補助金以外) (JSPS fund except KAKEN)

  • 2009年度~2010年度,平成21年度優秀若手研究者海外派遣事業,代表,先端的な遺伝的ファジィシステムによる魚類の生息環境評価モデルの高度化.

競争的資金(受託研究を含む)の採択状況 (Other competitive fund)

  • 2013年度~2019年度(暫定期間を含む),地球規模課題対応国際科学技術協力,分担,遺伝的改良と先端フィールド管理技術の活用によるラテンアメリカ型省資源稲作の開発と定着.
  • 2009年度~2011年度,環境省 環境研究技術開発推進費,分担,国内移殖による淡水魚類の遺伝子かく乱の現状把握および遺伝子かく乱侵攻予測モデルの構築.
  • 2007年度~2007年度,文部科学省平成19年度「国際協力イニシアティブ」教育協力拠点形成事業,分担,インドシナ地域における農学・獣医学系大学でのアウトリーチ活動の現状と協力:普及の理論と検証.
  • 2006年度~2006年度,文部科学省平成18年度拠点システム構築事業「国際教育協力イニシアティブ」,分担,インドシナ地域における農学・獣医学高等教育の現状と課題―大学連携による多面的重層的アプローチ―.

寄附金の受入状況 (Academic society, etc.)

  • 2010年度,社団法人 農業農村工学会,代表,農業農村工学会学術基金国際学術会議等出席費用援助.
  • 2007年度,社団法人 農業土木学会,代表,農業土木学会学術基金ラオス中山間地における複合農業システムのフィージビリティ調査.

学内資金・基金等への採択状況 (University fund)

  • 2012年度,九州大学基金,代表,平成24年度「英語による教授能力」向上のための研修プログラム.
  • 2012年度,平成24年度 EUIJ九州若手研究者EU研究助成金,代表,先進的計算知能を駆使した魚類生息場モデリング―日本・ベルギーの淡水域へのモデルの適用―.
  • 2009年度~2010年度,九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト,分担,熱帯産果実の生産環境および流通環境を考慮した包括的品質評価モデルの構築.
  • 2007年度~2009年度,九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト,代表,熱帯複合農業地域における水媒型環境負荷メカニズムの解明.
  • 2009年度,九州大学農学研究院若手支援事業(アジア研究),分担,ベトナムにおける水質汚染迅速検知システムの適用と評価.
  • 2008年度,農学研究院若手支援事業(その他),分担,タイ北部地域特産果実の産地および流通技術の高度化に関する基礎研究.
  • 2007年度,九州大学農学研究院若手支援事業(アジア研究),分担,北部ラオスにおける有用天然資源および循環型農業に関する日独タイ合同調査.
  • 2006年度,九州大学農学研究院若手支援事業(環境科学系),分担,大都市周辺生態圏・河川領域における環境科学研究創成のための次世代研究者ネットワークの構築